最新の記事
転職ランキング
(12/22)自動車保険のご案内。
(05/08)現在の状況
(01/17)筆記試験行ってきました。
(01/13)書類選考通過
(09/23)息子の運動会
(09/22)本格的な転職活動開始
(04/04)契約更新

2007年08月06日

半導体製造業

私は、高校卒業後
半導体の製造工場で
約12年間働きました。

社員数、約3千人
24時間稼動の2交代制の会社でした。

仕事内容は
半導体ラインでの装置の操作。
出来上がった製品の顕微鏡を使った検査でした。

仕事自体は難しくはないのですが
ちょっとしたミスで製品はNGになってしまい
100万円から200万円の損失になるため
大変神経を使う仕事でした。

それと夜勤があったため
昼間眠れなくて
とてもきつかったです。

やりがいは無かったのですが
給料面や休みなど満足していたため
ダラダラと続けていたのですが、
年をとるにつれて
「このままでいいのか?」と言う思いが
日に日に強くなってきました。

このまま定年までこの会社に居れば
安定は保障されるかもしれませんが
たった一度の人生ですので
年をとったときに後悔したくないと思い
思い切って退職を決意しました。

その後、転職するわけですが
世の中の厳しさを思い知らされ
職を転々とし現在は無職ですが
きっとあの時「辞めてよかった」と思えるように
今はひたすら<色:#ff0000>「がんばろう!」と思う
今日この頃です。

・その他の職業情報は<リンク:http://blog.with2.net/link.php?499075>こちら

posted by katu at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 経験した職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

町の不動産屋

職業訓練を修了したあと
地元の不動産会社に就職しました。

いずれは独立という夢と
マンションオーナーという夢があったので
不動産業は一番の近道だと思ったからです。

わたしの仕事は賃貸営業でした。
物件の調査と
来店したお客様に
合った物件を紹介&案内
気に入れば契約といった仕事で
お客さんの新しい生活の
お手伝いをするやりがいのある仕事でした。

しかし、社長がくせ者で
朝言ったことが夜には
180度変わってたり、
気に入らない社員には
あからさまに冷たく当たり
絵に描いたようなワンマンぶりで
それでも何とか我慢していましたが
ある日社長に呼び出され
「あなたは全然売り上げを出していない、やる気が感じられない」といわれました。

私の置かれていたポジションは
売り上げとはあまり関係ない事務的な立場で
慣れない環境の中
いつも帰りは最後で
時には午前様になることもありましたが
がんばってきたつもりでした。

しかし、そのようなことを言われ
急に体に力が入らなくなり
やる気を失ってしまい
入社して2ヶ月チョットでしたが
これ以上この会社でやっていく自信が無くなり
その日のうちに辞意を伝えました。


こんな感じで
夢は、はかなく破れましたが
機会があれば
もう一度チャレンジして
夢をかなえたいと思います。






ラベル:不動産屋
posted by katu at 11:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 経験した職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。